FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

ISO/TS 16949 更新 IATF16949

IATF16949 CSRと要求事項

kage

2019/07/19 (Fri)

そもそもCSRとは何か?
顧客による特別な要求である。
顧客固有の要求事項とは?
CSRである。

要求事項と何が違うのか?
要求事項の中に、CSRがある。

顧客から配布される「サプライヤーのための品質マニュアル」(タイトルはいろいろ)
これを、CSRと呼んでいるが、それだけなのか?

顧客要求事項はどんな品質文書に記載されるのか?すなわち、アウトプット文書。
・コントロールプラン
・マニュアル・規定類
・顧客要求事項をまとめたもの

これらは、要求事項のインプットは何であるか?から選択する必要がある。

実務は要求事項に従っているが、文書化はどこでされていますか?

誤解のないように

kage

2019/07/01 (Mon)

とある理由とは、不満の現れでして、IATFを馬鹿にしたつもりはありません。

IATF16949 一回取り消しをくらった経験者

kage

2019/06/21 (Fri)

とある理由で取り消しをくらったことがあります。
しかし、審査料金が増えるばかりで特に問題ないです。
すぐに再登録審査してくれますから。

カウンターとアクセス解析

kage

2019/06/12 (Wed)

むむっ、昔のカウンターに戻ってしまった~

IATF16949 教育訓練

kage

2019/06/12 (Wed)

教育訓練プロセスは、経営者担当が一番いい。
ってことは、経営者と深いつながりをもったプロセスオーナーであるべき。
まず、製造現場の教育訓練は、「製造プロセス」で持てばいい。
IATF審査対象は製造プロセスでの教育訓練ではない。

職制、プロセスオーナー、技術員等、会社としてのニーズがハッキリしているか?から始める。

製造プロセスオーナーは、製造部だからって自分で力量表作成していませんか?

部長、工場長、次長などのニーズ明確ですか。

python テスト投稿

kage

2019/06/01 (Sat)

工程内不良集計アプリの一部
 
for i in range(19):
entry.append(tk.Entry(self.main, width=10,text=(i)))
if i == 0:
entry[0]#selectbox-----------------------------------------------------------------------
else:
pass
entry[i].grid(row=3, column=i)
entry[i].delete(0, tk.END)
entry[i].bind("",callback)
#初期値
entry[i].insert(0, '入力前')

lbl = []
for x in range(19):
if x == 0:
lbl_tx = 'サイト'
if x == 1:
lbl_tx = 'GRP'
if x == 2:
lbl_tx = '顧客'
if x == 3:
lbl_tx = '日付'
if x == 4:
lbl_tx = '設備'
if x == 5:
lbl_tx = '部品'
if x == 6:
lbl_tx = '工程'
if x == 7:
lbl_tx = '不良区分'
if x == 8:
lbl_tx = '不良名'
if x == 9:
lbl_tx = '詳細'
if x == 10:
lbl_tx = '個'
if x == 11:
lbl_tx = '量'
if x == 12:
lbl_tx = 'hiritu'
if x == 13:
lbl_tx = '担当'
if x == 14:
lbl_tx = 'act'
if x == 15:
lbl_tx = 'res'
if x == 16:
lbl_tx = 'nglevel'
if x == 17:
lbl_tx = '単価'
if x == 18:
lbl_tx = '損失金'
if x == 19:
lbl_tx = 'created'

lbl.append(tk.Label(self.main, text=lbl_tx))#カラム#"サイト"
lbl[x].grid(row=2, column=x)




phpからpythonへ

kage

2019/06/01 (Sat)

結構前から、pythonはじめました。
今までつくった業務用アプリを半分くらいはpythonに変更するつもりです。
あっ、今回も自己啓発です。

IATF16949 事業とシステムは統合すること 今年も審査がやってくる

kage

2019/06/01 (Sat)

経営者への要求事項強化
昔は、「経営者には不適合はださない」なんて時代もあったけれど。
事業とシステムの統合って、IATFは普段の仕事だよってこと。
まだ、「IATFやらないと」って言う言葉、社内で使っていませんか?
経営者に言いましょう!
「社長に不適合でますよ!って」

IATF16949 ブログもここで

kage

2019/04/22 (Mon)

・IATFのブログは別リンクで書いてきましたが、こちらに戻ることにしました。
理由:レンタルサーバーの都合です。
・新しいレンタルサーバー探します。

IATF16949 審査方法

kage

2019/01/30 (Wed)

久しぶりにこっちのブログ更新です。

ほんと、審査員によって、審査方法バラバラだな。

ISOレベルの審査員もいるし、海外的審査員もいる、自分の経験をもとに審査する人もいる(この場合、日本の品質文化で話してくる)

対応しきれないなほんと・・・。

国内顧客のCSRを読むと、「IATF16949を意識して作成しました、みなさんにはぜひ、IATF並みの品質システムの構築をお願いします」

CSRの中身を精査すると、www、IATFから逸脱してますが~~~~~って。

まあ愚痴はさておき、

CSR分析マトリックスを作成する時、全ての項番をマトリックスで受け止めて作成してませんか?

CSRの中身がIATFの要求事項そのままだったら、マトリックスに記載しなくていいよ。

「IATFと要求が重複する項番は、記載しない」って書いておけばそれでおk。