2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

上部リンク、「shopspat_japan」としてリニューアルしました。ISOTSシステムに必要な情報、集計をそなえたWEBシステムのことが多く記載されています。___ ISOTS引越し先直リンクはここ

弊社では、工場2つ分2回線契約しました。対応がよくとても早かったです。まだ地域のプロバイダ使ってませんか?虚弱なプロバイダはもうだめです。業務に支障をきたさないために一時的に現行と新規契約が必要です。その後現行を解約します。


カテゴリ:4.1 一般要求事項 の記事リスト(エントリー順)

kage

| |

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.1 一般要求事項

kage

2007/08/24 (Fri)

4.1 一般要求事項
e) これらのプロセスを監視、測定及び分析する。

次の項番f)で、継続的な改善の処置をとるように要求されている
これらをタートル分析から考えると
「監視する頻度を定め実施する」ことにとらわれる
私が今見ているマニュアルからはそう感じる

要求事項e)に対して、「各プロセス責任者は、・・・定められた頻度で・・・」とある
そして要求事項f)では、「各プロセス責任者は、・・・必要な処置をする」である

どうして両方とも、各プロセス責任者なのか?
e)の要求に対しては、監視する項目によって頻度は自然と決まるものだと考える(タートル分析で明確である)

私は
e) 担当者は、監視、測定及び分析をし変動に気を配りながら、
必要な処置を実施する
f)プロセスオーナーは、月1回、目標に対して計画どうりかを監視し、
継続的改善の処置(指示)をする
さらに続くと、この活動の監視結果はマネジメントレビューへのインプットとなり、経営者によって監視され、継続的改善へとつながる
このように考えるけど、どうなることやら


実はこの問題も、この間のサーベランスで指摘されている
測定しっぱなしで、マネジメントレビューへ上げられていた
f)のプロセスオーナーの監視が無いからだ
e)とf)にプロセスオーナーが入っているので、おそらく部下へまかせっきりなのであろう


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。