2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

上部リンク、「shopspat_japan」としてリニューアルしました。ISOTSシステムに必要な情報、集計をそなえたWEBシステムのことが多く記載されています。___ ISOTS引越し先直リンクはここ

弊社では、工場2つ分2回線契約しました。対応がよくとても早かったです。まだ地域のプロバイダ使ってませんか?虚弱なプロバイダはもうだめです。業務に支障をきたさないために一時的に現行と新規契約が必要です。その後現行を解約します。


カテゴリ:6.4 作業環境 の記事リスト(エントリー順)

kage

| |

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.4 作業環境

kage

2007/08/28 (Tue)

6.4 作業環境

必要な作業環境とは?
漠然としているが、悩みの種はこういうことである


機械加工、公差±0.002
この加工に必要な作業環境とは?
長年自然環境でやってきました、夏場は40℃にもなります
冬場は工場シャッターを開けるときは、機械を止めないといけません
しかし、工場すべてに冷房を入れることは大変なことです
ISO/TS 16949では、これをどう考えるのか?

・MSA
決められた環境で実施して、ラインMSAとの比較をするべきなのか?
内部試験所の問題にもつながる
ラインは今のままでも、内部試験所はそうはいかないのは当然である
が、その内部試験所もまだ検討中である

・顧客の承認
顧客から承認があればそれでいいのだろうけど・・・
大手メーカーであっても、暗黙と言うか、なんて言うか・・・
特に指摘されたことは無いのだが・・・
しかし、承認となると、おそらくしないだろうと考える
工場監査で指摘しないこと、監査後にはちゃんとオーダーが入る
これが暗黙の了解である
しかし我社では国内メーカーだけが顧客ではない
ISO/TSの認証取得の必要性は海外メーカーなのだから

・ヨーロッパ自動車メーカーの監査
中国工場立上時、監査を受けた
工場環境は日本と同様であるが、私はちょっと違う検査を入れてあった
加工環境は日本と同様、と言ったほうが正しいかもしれない
検査室20℃管理、湿度60%以下
加工終了品は一晩温度ならしをしてから、全数検査
中国だからこそ出来ること
中小企業(小)が日本でこんなことしてたら、会社が・・・
と、周囲からは言われてる


品質マニュアルにはどう記載すべきか?
現マニュアルには、「特に管理が必要な箇所はコントロールプランで明確にする」
えっ~!
そういうのってあり~?

コントロールプランでMSA実施項目を明確にして、「内部試験所にて実施
すること」って書けばいいってこと?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。