2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

ISO/TS 16949 更新 IATF16949 に伴ないブログを分けました。 15秒後に新しいブログへ飛びます。 このブログのコピーは、ISO/TS 16949の書庫としてあり、アクセスもできるようにしてあります。_ 自動で飛ばなかったらここ
pornhub_blog

弊社では、工場2つ分2回線契約しました。対応がよくとても早かったです。まだ地域のプロバイダ使ってませんか?虚弱なプロバイダはもうだめです。業務に支障をきたさないために一時的に現行と新規契約が必要です。その後現行を解約します。


スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISO/TS 16949 プロセス相互関係図 改正

kage

2007/08/22 (Wed)

改プロセス相互関係図


相互関係図、改正しました
支援プロセスを外に出しました
品質保証プロセスが前の方にきているのは、理由があります

昔(今もかもいれないけど・・・)品質保証部の仕事は、「頭さげてお詫びすることだ、怒られるのが仕事だ」と言う習慣
確かにクレームが多かった時期には、そうとう怒られました(自分)
私に対するなぐさめの言葉かもしれない、でも会社の習慣(雰囲気)も
そうなってることに気がついた

途中から
技術部による立ち上げに不満を持つようになり、管理部の無理な出荷に
とまどいを感じた
私は技術部の仕事と管理部の仕事を監視した
製造部は外観工程に力を入れた

やっとの思いで
技術部、管理部担当者達の理解、工場長の理解を得るようになり
みんなが品質を意識するようになってくれた

上海工場立上
日本の経験を生かし、なんとか立上がり、顧客からベストサプライヤー
の表彰を受けた
しかし、それもたったの1年だけ
日本から次第に圧力がかかり、日本の工場と同じ空気に戻りつつある
ことに不安を感じた

反省 - 品質管理はいいが、コスト管理が十分でなく、上層部に対して説得力に欠けた

日本に戻り
もう一度、ISO/TS16949認証取得のこの機会に、自分の品質システムを
考え、実践してみる(どこまでやれるか・・・)


我社では
技術部が主導権を握る中で、技術部の仕事を監視できるのは品質保証部
しかない

追伸:誤解がないように、製造現場の管理もちゃんとやってます

外観検査工程の話しまた後で機会があれば、ゆっくりと

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。