FC2ブログ
2019 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 08

ISO/TS 16949 更新 IATF16949

4.1 一般要求事項

kage

2007/08/24 (Fri)

4.1 一般要求事項
e) これらのプロセスを監視、測定及び分析する。

次の項番f)で、継続的な改善の処置をとるように要求されている
これらをタートル分析から考えると
「監視する頻度を定め実施する」ことにとらわれる
私が今見ているマニュアルからはそう感じる

要求事項e)に対して、「各プロセス責任者は、・・・定められた頻度で・・・」とある
そして要求事項f)では、「各プロセス責任者は、・・・必要な処置をする」である

どうして両方とも、各プロセス責任者なのか?
e)の要求に対しては、監視する項目によって頻度は自然と決まるものだと考える(タートル分析で明確である)

私は
e) 担当者は、監視、測定及び分析をし変動に気を配りながら、
必要な処置を実施する
f)プロセスオーナーは、月1回、目標に対して計画どうりかを監視し、
継続的改善の処置(指示)をする
さらに続くと、この活動の監視結果はマネジメントレビューへのインプットとなり、経営者によって監視され、継続的改善へとつながる
このように考えるけど、どうなることやら


実はこの問題も、この間のサーベランスで指摘されている
測定しっぱなしで、マネジメントレビューへ上げられていた
f)のプロセスオーナーの監視が無いからだ
e)とf)にプロセスオーナーが入っているので、おそらく部下へまかせっきりなのであろう


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック