FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

ISO/TS 16949 更新 IATF16949 に伴ないブログを分けました。 15秒後に新しいブログへ飛びます。 このブログのコピーは、ISO/TS 16949の書庫としてあり、アクセスもできるようにしてあります。_ 自動で飛ばなかったらここ
pornhub_blog

弊社では、工場2つ分2回線契約しました。対応がよくとても早かったです。まだ地域のプロバイダ使ってませんか?虚弱なプロバイダはもうだめです。業務に支障をきたさないために一時的に現行と新規契約が必要です。その後現行を解約します。


スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.5.4 顧客の所有物

kage

2008/01/17 (Thu)

7.5.4 顧客の所有物

顧客の所有物の種類
・顧客図面
・顧客の設備及び設備に附随する測定機器、装置、治工具
・顧客からの支給品(製品となる品)
・物流(製品ボックス、パレット、籠等)

顧客の所有物の検証
・図面の検証って何? ちゃんと受領したこと(見易く、使用に支障がなければOK)?
・設備の検証はちょっと難しいかな? それを使用して、製品がOKであればいいか?
結構、お客さんの設備を使って加工しても、あまり良くない場合が多いけど・・・
・支給品は、受入検査と在庫品の紛失、損傷でいいかな?
・物流品は、常に劣化していくから・・・
壊れないかぎり、いいのかな?

顧客の所有物の保護・防護
・図面は、社外持ち出し禁止だね
・設備は、故障したら修理しないといけない、休止設備になったらカバーでも掛ける?
・支給品は、製品ボックスで工程を移行するから・・・大丈夫かな?
長期保管する時は、錆等の処置が必要だね

いずれにしても、自社所有物としての管理と同等にすれば問題ないような感じがする

顧客への返却、棚卸報告があることを忘れなければ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。