2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

ISO/TS 16949 更新 IATF16949 に伴ないブログを分けました。 15秒後に新しいブログへ飛びます。 このブログのコピーは、ISO/TS 16949の書庫としてあり、アクセスもできるようにしてあります。_ 自動で飛ばなかったらここ
pornhub_blog

弊社では、工場2つ分2回線契約しました。対応がよくとても早かったです。まだ地域のプロバイダ使ってませんか?虚弱なプロバイダはもうだめです。業務に支障をきたさないために一時的に現行と新規契約が必要です。その後現行を解約します。


スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性

kage

2008/07/31 (Thu)

すべてのプロセスにおいて妥当性確認を行う。
「妥当性確認によって、これらのプロセスが計画どおりの結果を出せることを実証すること」

・生産治工具の妥当性確認
チップ、ドリルの交換基準くらいまでは、量産試作で確認できるだろう
ようするに作業指示書(交換基準を文書化してあるもの)の妥当性確認を行うこと

・生産性(サイクルタイム、Run@Rateなど)
量産試作(PPAP用サンプル300個~1000個含む)で可能な時間範囲で確認する


なんだかややこしいが、これらをまとめて承認(妥当性確認)する考え方
妥当性確認に必要な標準は、コントロールプランで明確にし、全特性検査の承認といっしょに
このコントロールプランを承認する
こんな感じかな?
しかし、そんなコントロールプランは顧客提出用にはできない。
やはりコントロールプランは2重に持つべきか?
TSは、検査規格で品質設計する文化ではないですね、コントロールプランです
製造プロセスで使用する指示書の考え方を変えなくてはいけないかも

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。