2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

ISO/TS 16949 更新 IATF16949 に伴ないブログを分けました。 15秒後に新しいブログへ飛びます。 このブログのコピーは、ISO/TS 16949の書庫としてあり、アクセスもできるようにしてあります。_ 自動で飛ばなかったらここ
pornhub_blog

弊社では、工場2つ分2回線契約しました。対応がよくとても早かったです。まだ地域のプロバイダ使ってませんか?虚弱なプロバイダはもうだめです。業務に支障をきたさないために一時的に現行と新規契約が必要です。その後現行を解約します。


スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPC管理 サンプリング計画

kage

2009/04/19 (Sun)

SPC管理で検索する方々が多いのでもう一度SPCについて書いておこう
SPC管理はサンプリング計画なしでは語れないし、意味もなくなる
統計的手法、分析方法ばかり学んでも実際に使用するには苦労するはず
特に中小企業で実施するのは大変な労力が必要になるし、できれば
やりたくないと思っている方々も多いはず
しかし、サンプリング計画をしっかり理解してやればきっと効率よく
工程の問題点がハッキリすると思う
いたずらに長い時間かけてデーターを採取し続けるのは無意味
それと、工程能力が十分ある部位に対して工程能力管理の要求があるならば
短時間ですませるサンプリング計画を策定し、顧客に提出する際には
十分納得のいく報告書にするといい
つまり、データーあるいは結果だけではなくサンプリング計画を添付し
「○○○○の標準条件下で、cpk1.98」、2,3ヶ月この状態が続けば後は顧客との交渉だね
かしこい顧客は、「もうやらなくていいです・・・」なんてね

簡単にサンプリング計画の例をあげる
☆サンプリング計画(切削)
  ・外径仕上げ部位
  ・8時間の生産量        1000個
  ・チップ交換頻度        1回/500個
  ・日常測定頻度         1個/100個
  ・普段の補正入力間隔     1回/100個

大前提、チップ交換作業手順はしっかり標準化しておくこと

補正入力間隔が妥当かどうか工程能力調査を実施しよう

グループは25
グループ1つは8時間?4時間?
n=5
サブグループのデーター採取する妥当な間隔は?

グループ25のデーターがうまったらただちに分析しようよ
そして次のアクションを決めようよ


いろいろ探したけどやっぱり最初はこれが一番いい!
これにコアツールの式を当てはめると間違いなし!

   

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。