FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

ISO/TS 16949 更新 IATF16949

カテゴリ:プロセス の記事リスト(エントリー順)

ISO/TS 16949 プロセスとタートル図

kage

2007/08/24 (Fri)

タートル図


プロセス相互関係図で枠組みを見直してみたが、実はこのプロセス一つ一つと組織の係わりの方が重要みたいだ
プロセスに対して組織はどう係わるのか
どの部署はどのプロセスに対してオーナー部署になるのか、さらに、
仕事はどう分担されるのか
マニュアルと規定があいまいな理由
認証取得に先立ち、組織変更して組織固めをしたのであろうが、混乱の中での認証取得であることは間違いない
(認証取得と重ねて組織変更したことを非難するわけではない、
組織変更は必要だったと思うし、むしろ自分の理想に近くなったと思っている)
混乱の理由は、各部署が仕事の投げ合いをしてるようではっきり言って
部署アプローチがない状態だ
自分なりにプロセスのタートル図で仕事を整理してみることにする
先は長いようだ・・・
日の浅いコンサルタントの先生は、規定を確認しながら見抜いた!

ISO/TS 16949 プロセス相互関係図 改正

kage

2007/08/22 (Wed)

改プロセス相互関係図


相互関係図、改正しました
支援プロセスを外に出しました
品質保証プロセスが前の方にきているのは、理由があります

昔(今もかもいれないけど・・・)品質保証部の仕事は、「頭さげてお詫びすることだ、怒られるのが仕事だ」と言う習慣
確かにクレームが多かった時期には、そうとう怒られました(自分)
私に対するなぐさめの言葉かもしれない、でも会社の習慣(雰囲気)も
そうなってることに気がついた

途中から
技術部による立ち上げに不満を持つようになり、管理部の無理な出荷に
とまどいを感じた
私は技術部の仕事と管理部の仕事を監視した
製造部は外観工程に力を入れた

やっとの思いで
技術部、管理部担当者達の理解、工場長の理解を得るようになり
みんなが品質を意識するようになってくれた

上海工場立上
日本の経験を生かし、なんとか立上がり、顧客からベストサプライヤー
の表彰を受けた
しかし、それもたったの1年だけ
日本から次第に圧力がかかり、日本の工場と同じ空気に戻りつつある
ことに不安を感じた

反省 - 品質管理はいいが、コスト管理が十分でなく、上層部に対して説得力に欠けた

日本に戻り
もう一度、ISO/TS16949認証取得のこの機会に、自分の品質システムを
考え、実践してみる(どこまでやれるか・・・)


我社では
技術部が主導権を握る中で、技術部の仕事を監視できるのは品質保証部
しかない

追伸:誤解がないように、製造現場の管理もちゃんとやってます

外観検査工程の話しまた後で機会があれば、ゆっくりと

プロセスの相互関係図 検討用

kage

2007/08/21 (Tue)

プロセス相互関係図


製品実現プロセスと支援プロセスをもっとはっきり、分かるようにしたい
品質保証プロセス、ここでいいかな?
「よくわかる ISO/TS16949 自動車セクター規格のすべて」をみながら
組織への適用を明確にする